戻る時はブラウザを閉じて下さい。
少林寺拳法茨城つくば道院・支部のホームページへ

今となっては企画倒れの感もある「茨城つくば道院マラソン部」。。。
企画当初は「ダイエット」や「体力づくり」で大いに盛り上がったがやっぱり長距離はシンドイ。
このページも隠そうかと思ったが、ここで隠しちゃ再起は不能。
茨城つくば支部のメタボ人口も着実に増え、メディカルサポートチームも増強されている。
いつか新メンバーを加え再チャレンジだ!

 目標!つくばマラソンに「出る」

<マラソン部トピックス>
2013年7月:快挙!KBTさんとTNKさんがつくばマラソンに申し込むという事件が起きました。KBTさんはフル、TNKさんは10q。キャプテン不在の中、よくぞ廃部寸前のマラソン部を立て直してくれました。管理人Gもビビリながら申込みサイトにアクセスしたけど締切られていて安心したという活動はしました。皆でこの二人を応援しましょう!!

2011年1月:OKD拳士がローカルマラソン大会に秘密裏に出場したとの情報をキャッチ!マラソン部もとうとう地下組織になったようだ。


  健康増進:飲んじゃ寝、食っちゃ寝をやめる
ダイエット:朝バナナより絶対効果的!
精神修養:リタイヤしない強い精神力を身につける。
懇   親:苦労ネタや失敗ネタが飲み会の肴としてGOOD!


何故かアラフォーばかり
若者も募集!
マラソン部はとても敷居が低く、マラソンに少しでも興味のある人は誰でも入れる。申込みは不要。飲み会の席でマラソンをテレビで見たというだけで入部資格を満足する。そして本人が知らない間に部員リストに名前が入っている。部費はタダ。主な活動は部員集めと「いつになったら腰を上げるのか」を飲み会で話し合う事。完走を目標にすると目標があまりにも高いので、スタートラインに並ぶことを目標としている。

<☆Jさん>
茨城つくば道院マラソン部のキャプテン。これまで何回かフルマラソンを完走している泣く子も黙るアスリート。今年もフルマラソンにエントリーする。口先だけで練習しない軟弱な部員を温かい目で見守ってくれている。

<KBTさん>
なんと東京マラソンに申込みをするという快挙を成し遂げた。この歳で筑波山を自転車で駆け登る事が出来る黄金の足を持つ。茨城つくば道院に自転車レース部を作るという壮大な夢を持つ。

<TNK(男)さん>
KBTさんと自転車レース部を作ろうとしている。中年拳士が多い中、これからの伸びしろがまだ残されている茨城つくば道院マラソン部の若きエースの一人である。

<OKDさん>
現在休眠中であるが、ローカルマラソンに出場した経歴があり栄誉部員の称号を持つ。普段は寡黙だが歌って踊らせれば茨城つくば道院に彼の右に出るものはいない。

<ODさん>
仕事で調査船に乗り遠洋調査に出かけることも多い。船の甲板で如何にマラソンのトレーニングするのかがポイントである。寛平ちゃんのアースマラソンみたいでかっこいい。

<NKJMさん>
最近は肋骨や腰を痛め、結構長い間故障者リストに入っている。既にマラソン部であることを忘れているとの情報もある。酒を飲めばウルトラハイパワーを出す酔拳の達人。給水ポイントに酒を置いておけば完走は間違いないと思われる。

<SBZKさん>
バトミントンとサッカーと少林寺を掛け持っており忙しい。早朝にチャリンコの籠にラケットを積んで疾走する姿が時々目撃されている。練習に来れなくても飲み会にはきちんと出席する律儀さを有する。

<OCHIさん>
営業で鍛えた矢沢永吉の歌が秀逸である。学生時代にボクシングのロードワークで鍛えた賞味期限切れのスタミナが頼り。

<管理人G>
参加目的はダイエット。朝バナナダイエットに失敗したがバナナの味にはうるさい。給食ポイントのバナナがドールのフィリピン産バナナであることを祈っている。全給食ポイントでバナナを食べることが目標である。スペシャルドリンクはもちろん牛乳だ。
メディカルサポートチーム
殆どの部員が「バウバウ松村」のようにバタンキュすることを恐れている。そこで、我が茨城つくば道院が誇るメディカルサポートチームが結成されました。完璧な布陣である。

【ドクター】
<SSHRさん>
当道院のドクターである。当日、部員がバタンキュとなった場合AEDと共にどこからか現れてくれるはずである。しかし、どうせなら選手として共に走ってくれると嬉しいのだがSSHRさんもバタンキュとなりそうである。

【看護師】
<HSDさん>
看護部長を目指す当道院の看護師である。と言いたいが未だ看護学生である。部員がバタンキュとなった場合、自前の聴診器と血圧計と教科書をもって駆けつけてくれる。部員達の命は彼女がどれだけ早く教科書を調べられるかに掛かっている。

【検査技師】
<IGRSさん>
様々な診察装置を使いこなす。今は超音波診断装置を勉強中。部員が倒れたとき、原因が脂肪肝かどうかを調べてくれる。メタボの人は超音波の解像度が落ちるのよねぇ〜と、少しカチンと来るありがたいコメントを頂いた。

【理学療法士】
<MYSTさん>
新入門のMYSTさん。故障者リスト入りしても理学療法士のMYSTさんという強い味方いるのを忘れてはいけない。リハビリの指導をしてくれる。つまり、故障者リストに入ってもマラソンには参加することになるのである。

【薬剤師】
<AKMさん>
選手は駄目だけど薬剤師としてマラソンに参加しますとの怪しいコメント。ドーピングやプロテインで助けてくれるのだろうか。走っているときにお腹がピーピー来たときにはよろしくお願いします。できれば水無しで飲めるやつを。。。

【薬剤師】
<TDさん>
AKMさん同様、薬剤師免許を持っている。学生時代は陸上の短距離の選手だった。幾度もスカウトされながらも「僕は短距離専門だから」と参加を拒んでいる。もう少しスカウトすると走るのかもしれない。

キャプテンより下記案が出されています。そろそろ決めなきゃね。
案1:少林ランナー 案2:少林おやじ 案3:少林寺四十越房 案4:少林寺走ろう会

茨城つくば道院の拳士とその家族やお知り合い。

個別練習のみ。全体ではコースの下見くらい??

巷では廃部になったんじゃないの?と言われるマラソン部。
いやいや。徐々にメタボが増えるわが道院にとってはマラソン部があるだけでダイエットはいつでもできるんだぞ風の安心感がある。
長距離の練習は嫌だけど、体育館の中を5周ならしてもいいって大幅な妥協をする輩も出てきている。
いずれにしろ、新入門生も沢山増えたので、ここらでマラソン部を再構築するかなあ。

戻る時はブラウザを閉じて下さい。
少林寺拳法茨城つくば道院・支部のホームページへ