普段の練習はこんな感じです。
「なかま募集」のページや行事記録も見てください!

※東日本大震災で吾妻小学校体育館が被災したため、使用禁止となっていましたが 2011年11月から使用が可能となりました。
※今後も小学校のイベントや工事等で練習場所が急遽変更になる可能性があります。トップページからご確認ください。

土曜日 

午後6時前に吾妻小学校体育館に集合。

履物を揃え(脚下照顧)、大きな声で皆に
挨拶します。

人数が多いので靴の量も沢山です。
集合後、準備運動・ランニング・軽いダッシュ・ストレッチで身体をほぐします
鎮魂行(少林寺拳法の教えを声に出して唱え、魂を鎮め、心を正します)
基本練習。一般部、少年部(茶帯・緑帯・黄帯・白帯)に分かれて30分程行ないます)
皆で一緒に行なう場合もあります
↑一般のクラス ↑少年部緑帯のクラス
↑試験前の拳士は別メニュー ↑小年部・中学生の茶帯クラス
↑体験希望者には個別に親切に指導します ↑一般部の白帯・体験のクラス
この後、一旦集合し、更に細かくクラス分けされます。
各クラスに指導者が付き、クラス毎の練習になります。
 
 
少林寺拳法は人づくりの行です。
練習を通じ、体を鍛えると同時に正義感が強く他人を思いやれる優しい心や
協調性を育み、社会で立派なリーダーとなれる人つくりを目指しています。
特に少年拳士への法話(少林寺拳法の教えを説く)は重要な時間です。
法話を続ける事により子供達が少しづつ逞しく変わっていくのが分かります。
午後7時40分頃、集合し基本突き、天地拳等の法形、諸連絡、作務を行い少年部が終了します
必ず毎回全員で作務(雑巾がけ)をして道場をきれいにしてから帰ります。

少年部終了後、一般部の練習が始まります。
ここでお子さんと帰るパパさん拳士、ママさん拳士もおられます。
親が練習で残る子供拳士は、体育館で楽しそうに遊んでいます。
数分休憩後に20分程、高段者による指導者
講習を行います。

その後は午後9時30分頃まで自由時間です。自由解散です。
各自、自由に新しい技を習得したり、これまでの技を復習したり。
教えることが大好きな高段者が沢山いるので自分の技を磨く貴重な時間となります。
ママさん拳士達はおしゃべりの修行に余念がありません ヽ(^。^)ノ。
試験や大会が近づくと一層熱気が入り練習しています。

水曜日 

練習に来れる人が少ないので、静かで内容も濃い目です。多くて15人くらいです。
準備運動・柔軟(各自)−基本−技術−法形−作務と練習が進みます。

写真まだ撮ってません m(__)m


戻る時はブラスザでウインドウを閉じてください
少林寺拳法茨城つくば道院ホームページへ