袖についているワッペンの種類と道院長の探し方

ホームページで多用しているこのデザイン。これは実は『所属袖章』と言い、拳士の袖についている所属や役職を表す章です。普通は洗濯時に剥がせるようにマジックテープ式になっています。

少林寺拳法に正式に入門すれば、この袖章が貰えます。道着の左袖にこの袖章をペタッと貼ると、なんだか「よーし気合入れて練習するぞー」と急に気が引き締まる思いがします。(古いタイプのワッペンは角が硬くで尖っているので、怪我をしないように、必ず爪きりやハサミなどで角を丸めておきましょう。現在、新しいタイプは角が丸まっています)

このシンプルなデザインをちと拝借してホームページのボタンを作ってみました。

袖章は所属を示す文字の他に、役職や武階を示す線が入っています。この線の色、太さなどで、それを表現しています。でも、殆どの人が上の細い赤線です。子供たちは級を表す級章(ボーイスカウトの袖章みたいなやつ)がありますので、右肩が少々カラフルになってます。よく見ないと分かりませんが三段以上の指導者は赤線がかなり太くなっています。また、武道専門コースという学校に通っている拳士は赤線の上に緑の太いラインが入っています(普段することはあまりありません)。茨城つくば道院の道院長は赤い線の上に銀色の太い線が入っていますので、見学に来た時、だれが道院長が探し当ててみましょう。人数が多いのでウォーリーを探せ状態ですが・・・。
 ←ヒント 茨城つくば道院の瀬戸道院長です。

さて、少林寺拳法に入門すると、他に『科目表』(技を段階的に覚えていく為の指標となるもの)、『少林寺拳法読本』&『金剛禅読本』(昇級試験はこの本から出題されますぞ・・・簡単だけど)が貰えます。どれも薄い本なのですが、練習・修行には大事な本です。時間がある時に、じっくり読んでいきましょう。

戻る時はブラウザを閉じて下さい。
少林寺拳法茨城つくば道院のホームページへ